所得補償保険110番 » 所得補償保険とは

保険で所得の補償を得る意味は?


所得補償保険に加入すると、保険料を納める必要が生じますし、保険料というのは貯蓄とは違って「自分の自由に使えるお金」ではなくなります。

では、保険で所得部分の補償を得る必要があるケースとは、どのような場合でしょうか?

たとえば「貯蓄が少ないけれど、住宅ローンや教育費の支出は当面続く予定」という場合には、所得補償保険を活用すると良いかもしれません。

住宅ローンや学資保険の契約者が、残念ながら亡くなってしまった場合には、団体信用生命のおかげで住宅ローンの支出はなくなりますし、学資保険の払いこみもそれ以降は必要なくなるケースもあるのです。

ただ、契約者の方がご存命である場合には、これらの支出が続いてしまいますので、所得補償保険に入っておくと安心なのです。


所得補償保険を無料設計

所得補償保険を無料設計

所得補償保険を無料設計

更新履歴
所得補償保険請負人 大室順一郎
メディア掲載・取材履歴
所得補償保険 ぴったり設計シリーズ
ぴったり設計 所得補償保険傷害
専用の休業補償 所得補償保険Web
ビジネス活動 総合火災保険
無料で退職金構築 社長役員保険
簡単オーダー型 PL保険
カテゴリー
サイトマップ